家を新築して変化した生活習慣

家を新築して変化した生活習慣

家を新築して変化した生活習慣というと

家を新築して変化した生活習慣
家を新築して変化した生活習慣というと、一番大きいと実感しているのが掃除です。

それまで目に見える部分がある程度片付いていればいいやという認識でしたが、家を新築してマイホームとなった途端、ちょっとした汚れすら気になるようになりました。
進んで自分から掃除して、汚れがあったら納得のいくまで掃除をしています。更に、効率的に掃除ができるように、話題の洗剤や掃除グッズなどを買い集めるようになりました。

それまでは家族任せだった色々な掃除を積極的に自分からするようになって、家族は大喜びでした。
子供たちもその姿を見習ってか、掃除好きになりました。
通知表にも身の回りの整理整頓ができて素晴らしいと書かれて褒められるくらいです。

住宅ローンを組んで買った自分の家という意識が強いため、賃貸に住んでいた時には考えられないほど掃除魔になりました。
そうやって時間を見つけては掃除をしているので、常に体を動かすため体重も落ちました。
家を新築して変化した生活習慣は、一石二鳥も三鳥にもなっています。

新築の家に住むことは小さい頃からの夢でした

新築の家に住むことは小さい頃からの夢でした。

大人になってから家を新築しましたが、思っていた以上に新築の家に住むことによって生活習慣は変化しました。
住宅の建築には、家族の意見も取り入れられました。
元々仲の良い家族ですが、更に仲良く過ごすことができるようにと、家族共用のスペースである居間は大きく快適になるように設計されています。それまでに住んでいた家に比べ、家族で居間で過ごす時間が増えたように感じます。
その他、生活習慣で変化した点といえば、家族皆が家にいる時間が増えたということです。
それだけ家の居心地が良くなったということだと思います。その他、整理整頓や掃除をまめにするようになりました。
家が新築でとてもきれいなので、汚してはいけないというプレッシャーを感じているようです。
また、家がきれいな状態を保っていたいという気持ちからだと思います。
家を新築すると、家族に良い効果を与えるということが分かりました。

注目情報



Copyright(c) 2017 家を新築して変化した生活習慣 All Rights Reserved.